体の内部から暖まろう|辛い腰痛の改善法は正しい方法を知ることが大切!

辛い腰痛の改善法は正しい方法を知ることが大切!

体の内部から暖まろう

男女

どんな効果があるのか

電化製品や暖房器具などでよく耳にする「遠赤外線効果」という言葉ですが、果たしてどのようなものなのでしょうか。電磁波である遠赤外線は、地球上のすべての物質から発生しています。遠赤外線は物質に当たるとその分子を振動させる働きがありますが、この振動から摩擦熱が発生し、物質を内部から温めます。木炭などは特に発生量が大きいので、冬場の肌着や寝具によく利用されています。また、その発生量は物質を温めることで増加します。肌着の例で言うと、まず肌着から出る遠赤外線効果で体内が温められます。するとその熱が肌着に伝導し、肌着も温まります。肌着が温まると遠赤外線の発生量も増えるため、より体内から温めてくれる、という仕組みです。肌着は温めてから着るのが効果的なんですね。

健康にも良い

遠赤外線は人間の体内に浸透し、細胞を活性化させることで体の芯から温めてくれます。細胞が活性化することで血行も良くなり、冷え性や腰痛、新陳代謝の促進などにも効果的です。血行が良くなることで発汗作用が活発になり、汗とともに体内の老廃物を排出してくれる「デトックス効果」も期待できますね。また、遠赤外線にはマイナスイオンを発生させたり自律神経の調整、自然治癒力を高める働きなど、人体に有効な効果が多くあります。体が温まることで筋肉の緊張を和らげ、リラックス状態を保つことで肩こりなどにも効果があります。このようにさまざまな健康作用がある遠赤外線ですが、「人体に何らかの悪影響を及ぼさない」という点が支持されている最も大きな要因でしょう。